大村領とキリスト教

戦国武将 大村純忠

三城城跡

 大村氏の出所には諸説有り不明ですが、大村家の史書によれば藤原直純とされ平安中期に肥前大村に入り領主となったのが始まりとされます。
 1538年、有馬より6歳の時大村純前の養子に入り、1550年第12代として領主となりました。時は戦国時代、周囲の領主の圧迫は激しく、御一門と呼ばれる大村家の縁戚の家が領地を多く持ち、領主の収入は多くなかったのです。その財政の打開策としてポルトガル等との海外貿易を目指しました。
 1561年平戸でポルトガル人殺傷事件が起こり、これを契機に1562年、自領の横瀬浦にポルトガル船を招き海外貿易を始めました。

 横瀬浦はにぎわい、純忠のこの財政改善策は成功しました。ポルトガル人に影響力の強いイエズス会士を優待し住居の提供等便宜を図り又、純忠自身もコスメデ・トーレス神父から洗礼を受け、領民にもキリスト教信仰を奨励しました。
後年佐賀龍造寺氏が「純忠ある間は大村抜き難し」と言われた程の勇将でした。

教会の保護者大村領

大村純忠終焉の地

 純忠の行動は過激で、家臣などから反感を買い、1563年横瀬浦は焼き討ちにあったのですが他領とはなれた位置の福田、続いて長崎を開港し貿易を続けました。
 大村領内では最盛期のキリスト者数は6万人を越え、教会87を数え、日本全国の信者の約半数が大村領内にいた時期もあったとされます。
  1587年、豊臣秀吉の九州征伐においては秀吉に従って本領を安堵されました。
  1587年 大村純忠、肺結核のため坂口の居館において死去54歳。同年大村純忠の子、大村善前第13代領主となる。

 豊臣秀吉は、九州平定後の1587年、貿易の自由とキリスト教宣教の制限を表明し、宣教師の20日以内の国外退去を求める伴天連追放令を発令しました。
大村純忠がイエズス会に教会領として寄進した長崎港とその周辺を1588年直轄領とし海外貿易を独占しました。これにより、大村氏は長崎港を用いた海外貿易の利権を失う事になりました。

時代は禁教へ

玖島城

 1592年、大村善前、朝鮮出兵。
 1599年、玖島城築城
 1600年、大村善前、関ヶ原の戦いにおいて東軍に属しました。
 1602年、大村善前、領内の奉教を禁止しました。
 1603年、徳川幕府開府とともに大村善前領地安堵となり初代藩主となりました。その後、維新まで大村氏が治めました。
 1605年、千々石ミゲル棄教。

大村藩に吹き荒れる迫害の嵐

帯取殉教地

 大村藩主大村善前は、敬虔なキリスト教徒でした。しかしキリスト教禁止へと傾いていく時代、自身がキリシタンである事は、大村藩の存続に大きな影響があることはたしかでした。
 親しかった加藤清正の勧めもあり、1605年キリスト教を棄教日蓮宗に改宗し徳川幕府に先駆け領内におけるキリシタンを弾圧しました。1616年善前は背教とその後の弾圧とを恨まれ毒殺されました。
 二代目大村藩主、純頼1614年藩主相続。しかし、1617年毒殺されました。
 藩主純頼の急死により断絶の危機になったが、家老大村彦右衛門らの、幕府への働きかけにより、3歳の幼児であった大村純信に、1620年藩主相続を許されました。
 上記の理由もあり、また藩内住民のほとんどがキリスト教徒であったため、大村藩でのキリシタンに対する弾圧は過酷を極めました。

 その後1657年におきた郡崩れは、大村藩を震撼させました。この事件の発生後、領内の迫害は国内の何処よりも更に厳重になり、大村湾側の地域において、キリシタンはほぼいなくなりました。
 しかし、大村領浦上や地理的に不便で険しく寒村の多い外海や離島地区には多くのキリシタンが存在し、厳しい時代を信仰を糧とし生き残り、明治時代、1873年、禁教令が解かれ自由な信仰の時を迎えました。

ページリスト

Index 長 崎 浦 上 大 村 出津とドロ神父 歴史年表
サイトポリシー 遺跡と史跡 浦上十字会 郡崩れとその後 外海の子孫達 観光案内

Copyright (C) 2014 長崎 遺跡と史跡 all rights reserved.