長崎とキリスト教 歴史年表

      
1550年 平戸港にポルトガルの貿易船が入港。同年9月にはフランシスコ・ザビエルが平戸に来航し、キリスト教の布教を始める。大村純忠家督相続。
1561年 平戸においてポルトガル商人と日本人との間で宮ノ前事件が発生。平戸、ポルトガルの貿易の断絶。
1562年 大村純忠、 ポルトガルに横瀬浦を提供、またイエズス会に住居の提供など便宜を諮る。 清洲同盟。
1563年 横瀬浦焼き討ちにあう。
1567年 現在の夫婦川町春徳寺にトードス・オス・サントス(諸聖人)教会建立。
1570年 大村純忠、長崎をポルトガル人のために開港し提供。 姉川の戦い。
1572年 後藤貴明により三城城を急襲されるが、援軍を得撤退させる。
1580年 大村純忠、長崎港周辺をイエズス会に教会領として寄進。
1582年 天正遣欧少年使節が出発。 本能寺の変。
1587年 大村純忠死去 享年55歳。キリスト教の禁教令・伴天連追放令布告。 豊臣秀吉、九州平定。
1588年 豊臣秀吉、長崎を直轄領とし、イエズス会城塞を破壊。 全国刀狩りの令。
1590年 天正遣欧少年使節団、長崎港に帰港。 豊臣秀吉の日本統一。
1592年 秀吉朝鮮出兵、文禄の役。
1596年 豊臣秀吉、禁教令を布告。
1597年 日本二十六聖人処刑。 第2次朝鮮出兵、慶長の役。
1598年 豊臣秀吉、死去。
1599年 大村玖島城築城
1600年 関ヶ原の戦い
1603年 徳川幕府、長崎公領をとした。 徳川家康に将軍宣下。開府。
1612年 徳川幕府、領府内禁教令布告。 巌流島の決闘
1614年 徳川幕府、キリスト教禁教令布告。宣教師らの国外追放令布告。宣教師や高山右近ら長崎港より国外追放。長崎の教会群の閉鎖と破壊。 大坂冬の陣
1616年 宣教師の潜入を防ぐため、外国船の入港を長崎港、平戸港に限定。 徳川家康、死去。
1617年 ペトロ神父とマシャード神父、大村帯取で処刑。
1620年 ミゼリコルディヤ施設破壊。
1622年 元和の大殉教。宣教師ら修道会士と信徒、及び彼らを匿っていた者たち計55名を長崎西坂において処刑。
1624年 キリシタンが貿易のため、海外渡航する事を禁止した。
1626年 厳重なキリシタン弾圧を開始。踏み絵を開始。
1627年 キリシタンの長崎居住を禁止。
1633年 第1次鎖国令。奉書船以外の海外渡航の禁止。5年以上の海外居留者の帰国禁止。中浦ジュリアン長崎において殉教。ミゼルコルディヤ解散。
1634年 第2次鎖国令、第1次の再通達。出島の築造開始。
1635年 第3次鎖国令。中国、オランダ等外国船を長崎港のみに貿易を限定。日本人の渡航帰国を禁止。
1636年 第4次鎖国令。出島築造完成。貿易商のポルトガル人を出島に移し、貿易に関係のないポルトガル人とその妻子287人をマカオに追放。
1637年 ドミニコ会の宣教師ら4人が長崎において殉教。 島原の乱勃発。
1639年 第5次鎖国令。ポルトガル船の入港を禁止。
1657年 大村において、郡崩れにより603人捕縛。
1658年 大村、長崎、佐賀、島原、平戸において、郡崩れの捕縛者のうち411人斬首される
1790年 浦上1番崩れ、庄屋の高谷らの謀略である事がわかり放免。
1839年 浦上2番崩れ、全員放免。
1858年 浦上3番崩れ、多くの指導的人物がとらえられ拷問を受けた。改宗した人も多かった。 日蘭、露、英、仏、修好通商条約。
1865年 大浦天主堂建立(日本二十六聖殉教者堂)3月17日浦上の潜伏キリシタンが大浦天主堂を訪ね、プティジャン神父に密かに信仰者であることを名乗る。 長崎で蒸気機関車が走る。
1867年 浦上4番崩れ、幕府による捕縛。83名。外国公使の圧力により放免。 大政奉還。坂本龍馬の暗殺。
1868年 1月3日、明治政府成立。五榜の掲示によりキリスト教を禁教とし信徒捕縛。3394人流配。
1871年 伊万里県事件発生。
1873年 高札撤去の太政官布告によりキリシタン禁教の解除、キリシタンの釈放と帰郷。帰郷2925人、流配地残留11人、出生児163人、死亡613人。
1914年 浦上天主堂完成。1888年の計画より26年。
1945年 8月9日、原子爆弾により浦上天主堂倒壊。
1959年 浦上天主堂再建。
1976年 教皇ヨハネ・パウロ2世来崎。

ページリスト

Index 長 崎 浦 上 大 村 出津とドロ神父 歴史年表
サイトポリシー 遺跡と史跡 浦上十字会 郡崩れとその後 外海の子孫達 観光案内

Copyright (C) 2014 長崎 遺跡と史跡 all rights reserved.